メール便カートをみるお店情報マイページへご利用案内お問い合せお客様の声FAQサイトマップ
RSS

BCS

BCS
ボディ コンディション スコア



 愛犬の肥満度をチェックする最初のステップです。見た目や触った感じで愛犬の健康状態(肥満度)をチェックします。慣れてくると簡単ですのでぜひトライして見て下さい。




BCS1

痩せすぎ

理想体重の
85%以下

 ろっ骨や背骨、腰骨の骨格構造が浮き出ている。
 横から見ると腹部が著しくへこみ、全身の上から見ると砂時計型に見える。皮下脂肪はなく、尾の付け根が明瞭。


BCS2

やや痩せ気味

理想体重の
86〜94%

 わずかな脂肪に覆われていて、ろっ骨や腰部の骨の突起に容易に触れることが出来る。 腹部の脂肪もごくわずかで、横から見ると腹部はへこみ上がっている。


BCS3

理想体重

理想体重の
95〜100%

 少しの皮下脂肪を通して、ろっ骨や骨格の隆起に触れることが出来る。適度な腰のくびれがある。


BCS4

やや太り気味

理想体重の
107〜122%

 皮下脂肪に覆われて、ろっ骨に触れるのが難しい。骨格の隆起は、かろうじて触ることが出来る。腰のくびれを観察できず、上から見ると背中が少し横に広がって見える。


BCS5

肥満

理想体重の
123〜146%

 暑い脂肪の覆われ、ろっ骨に触れることが出来ない。尾の付け根は腰の脂肪に覆われ、明瞭ではない。横から見ると腹部は垂れ下がり、上から見ると箱型〜樽型に見える。

ページトップへ