メール便カートをみるお店情報マイページへご利用案内お問い合せお客様の声FAQサイトマップ
RSS
2017年2018年年末年始休業日のお知らせ

●犬のおやつの量は?


 犬のおやつ(トリーツを含む)はどのくらい与えればよいかという質問を多くいただきます。
 その比率は定まっていますがあくまで目安です。日本とアメリカでは少々異なります。日本では“日本ペットフード協会”のホームページに「1日当たりのエネルギー所要量の20%以内に抑えること」とあります。
 アメリカは「1日当たりのエネルギー所要量の10%以内」としています。

 大事なコトは「おやつで与えたエネルギー量分を主食から差し引く事」です。これを忘れると愛犬が太っていきます。
 おやつを与えるから太るという方もいますが、これは間違い。おやつで摂取するエネルギー量分をゴハンから差し引いていないのです。

 犬のDER(1日当たりのエネルギー要求量)やおやつの比率など、細かな数値が定められていますが、これはあくまで目安です。
 ヒトも犬も太る理由は同じ。摂取するエネルギー量が必要とするエネルギー量より多いのです(病気など例外もあります)。

 「ちゃんと計算しているのに太ってくる」というワンちゃんもいます。それは当然で、ワンちゃんは生き物ですから、ヒトの都合で作った平均的な公式に完全に当てはまるはずもありません。

 愛犬のエネルギー摂取量を計算し、それを目安にゴハンを与え、太るなら減らしてあげて下さい。痩せていくならもっと食べさせて下さい。これは個体の個性です。ヒトにも食べても太らないヒトや食べてないのに太るヒトがいますよね?ワンちゃん達も同じで、食物からエネルギーを取り込む能力に差があります。
 あまり、数値などに悩まず、太ってきたら減らして、痩せてきたら与える…これを繰り返していけば徐々に愛犬の適量が判るようになります。

ワンちゃん達も体調や性質は十犬十色です。
愛犬のために“オンリーワンの体調管理”を心掛けて下さい。
返品・交換は、商品到着後8日以内にお知らせください。
1.商品の不備(不良品など)、または配送中の破損などの事故の場合・・・
開封後の商品にも対応いたします。
送料当店負担にて速やかに交換させていただきます。
返品をご希望の場合、返品送料は当店負担となります。商品代金はご連絡頂きますご指定口座にお振込みにてご返金致します。なお、振込手数料は当店負担とさせていただきます。
2.お客様のご都合での返品・交換の場合・・・
商品に問題なく、お客様のご都合で返品・交換を希望される場合、返品・交換のために発生する往復送料、振込手数料などはお客様のご負担とさせていただきます。予めご了承下さい。
ご返金の場合、送料・手数料を差し引いた金額を、ご連絡頂きますご指定口座にお振込みへお振込させていただきます。
使用済みの商品・交換はお受け致しかねます。予めご了承下さい。
犬の自然派おやつ専門店ペットロジー

ページトップへ